読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[シーズン16使用構築]ランターン入りトリルクチート【最終レート2008】

皆さんシーズン16お疲れ様でした。

私はこの度、ランターン入りで念願のレート2000を達成することができました。

初の2000なので対戦数は触れないで下さいw

あと、初めて構築記事というものを書いたので読みづらい点が多々あると思います。

 

最高順位f:id:mirukun3194:20160719201123p:plain

最終順位f:id:mirukun3194:20160719201011p:plain

さて、今回使用したパーティはこちらです。

f:id:mirukun3194:20160714224859p:plain

最初は、サザンクチートの並びで攻めサイクルの構築でしたが、

上から一掃されてしまうことが多かったので、トリル軸+高火力の先制技で素早さの低さをカバーできるような構築を目指しました。

 

<個体紹介>

 

f:id:mirukun3194:20160613165427g:plain

ランターン@拘り眼鏡

控えめ H201(4) A× B87(68) C140(252) D119(180) S88(4)

ハイドロポンプ・10まんボルト・れいとうビームボルトチェンジ

相棒(クッション)&電気+特殊受け枠。

基本の調整の眼鏡ランターンですが、HD特化カバルドン確1にしたかった。

なお、乱数37.5%の模様。火力無さ過ぎませんかねえ()

受けだしてくるポケモンに負担をかけて他のポケモンの先制技で縛るために、

ねっとうではなくハイドロポンプを採用しました。

主に電気受けをして、ファイアローの通りを良くしたり、ボルトチェンジで交代先の

ポケモンに負荷をかけてもらいました。

電気の通りが良い時やヒートムがいるときなどに選出して活躍しましたが、

選出率は5位。

f:id:mirukun3194:20160613165324g:plain

ファイアロー@命の珠

陽気 H159(44) A133(252) B92(4) C× D94(38) S184(172)

ブレイブバードフレアドライブつるぎのまい・はねやすめ

ボルトロスの上をとれるファイアローが強いと聞いたので採用。

Sはライコウのいる115属抜きとなっています。

羽休めは鬼火でしたがHPの確保をしたかったため、羽休めになりました。

主に最後のお掃除役として活躍しました。選出率2位。

 

 

f:id:mirukun3194:20160613235319g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

控えめ H192(252) A× B110(4) C171(244) D116(8) S80 ※めざ地理想個体

トライアタック・シャドーボールめざめるパワー(地面)リックルーム

サザンドラに代わって入ったおまる。

ヒードランにも強くするためにめざパ地面を搭載しました。

ポリクチなのに後に紹介する、あるポケモンのせいで選出率は最下位の6位。

 

 

f:id:mirukun3194:20160614000823g:plain

クチートクチートナイト

意地っ張り メガ前:H155(236) A150(252) B105 C× D75 S73(20)

      メガ後:H155(236) A172(252) B145 C× D115 S73(20)

じゃれつく・はたきおとす・つるぎのまい・ふいうち

最近の同速意識のメガクチート

剣舞後の火力は物凄く、高耐久のポケモンでも大体確一にできるので強かったです。

メガガルーラに一方的に弱くもなく、メガボーマンダにも強いのでよかったです。

択発生マンでしたがメガ枠が1体なこともあり、選出率は3位。

 

 

f:id:mirukun3194:20160615233932g:plain

キノガッサ@オボンのみ

腕白 H160(196) A157(52) B145(252) C× D81(4) S91(4)

キノコのほうし・マッハパンチ・タネマシンガン・つるぎのまい

今季増殖したキノガッサに強く、ガルーラにも強い草枠ということで、

某ブログ様のテンガッサをそのまま採用しました。

受けループや害悪構築にもなかなか強く、とても使いやすかったです。

ただ、Sが低いのが玉に瑕。選出率は4位。 

 

 

f:id:mirukun3194:20160618195931g:plain

ゲンガー@気合の襷

臆病 H135 A× B80 C182(252) D96(4) S178(252)

シャドーボールヘドロばくだんみちづれトリックルーム

メガ進化読みをされることが多く、動きやすかったです。

みちづれによって、トリックルームを展開しやすく、

トリックルームによって電磁波を受けても仕事ができるようになり、

この構築で重い、バシャーモウルガモス、竜舞されたメガマンダ、

加速ビルドバトンなどの対策にもなり、

Sの遅いランターンメガクチートキノガッサのサポートもしてくれました。

この構築と相性がよく初手で出して相手のポケモンを削り、トリルを展開or道連れするのが仕事でした。

道連れの誤魔化し性能も高く、気づけば構築の中心だったので、もちろん選出率1位。

ただ、メガゲンをシャドボで倒せないことや襷ゲンガーと対峙したりすることが

よくあり、不意打ちがほしくなることもありました。

 

<使用感>

良かった点

 物理3体がみんな剣の舞+先制技を持っていたため、積む機会も増えて上から先制技で縛ることができたし、受けループも崩しやすかったこと

 ハイドロポンプとじゃれつく以外は命中が安定していること

改善点

 小さくなるピクシー(天然)をゲンガーでしか対策できない。

 状態異常技がキノコのほうししかないこと

 

・選出パターン

 1 ゲンガー、クチートファイアローorキノガッサ

 2 ランターンファイアロー、ゲンガーorクチート

 3 ポリゴン2、クチート、ゲンガーorファイアロー

 4 キノガッサ、ゲンガー、ファイアロー

 だいたいこんな感じの選出でした。

 

・重いポケモン

アタッカー型のファイアロー、襷バシャーモ、毒守ヒードラン

メガミミロップ、小さくなるピクシー、魔界ロトムなど

 

長々と書いてしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

最近はサンムーンでランターンがメガ進化する噂を聞いて期待しています。

来期からはランターンと2100を目指してまた頑張っていきたいと思います。

 

質問や意見などはTwitterでお願いします。

TwitterID  @mirukun_Lanturn 

 

(追伸)

ランターンのHD特化カバルドンへのハイドロポンプのダメージ計算を

間違えていましたので修正しました。